遺言書の書き方の相談をお受けします。福岡、北九州、小倉は直接面談がおすすめ


遺言書の種類

遺言書の種類は3つあります。それぞれ長所と短所があります。

直筆証書遺言
いつでもどこでも自由に作成できる遺言書です。
自分ひとりで作成できるので、遺言書を書いた事や内容を秘密にする事ができます。

簡単に作成できますが、形式不備のため無効になってしまう恐れがあります。
また、遺言者の死後に遺言書が発見されなかったり、第3者によって偽造や改ざんをされる恐れがあります。

2
公正証書遺言
お勧めの形式です。
公証役場で証人2人以上の立会いのもとに遺言者が喋った内容を公証人が遺言書として作成する方式です。

遺言の内容を秘密にする事は出来ませんが、公証人が作成するので法的に正しい遺言書ができますし、原本が公証役場に保存される為、第3者に偽造、改ざんをされる恐れがありません。

死後、家庭裁判所での検認が不要なのもメリットの一つです。

ちなみに公正証書遺言を作成する時は証人が必要です。
作成する時は専門家に依頼することをおすすめします。

3
秘密証書遺言
遺言の内容を秘密にしながら、遺言書の存在を明確にできる方式です。
一見良い方式に感じられるかもしれませんが、内容は自分が作成するので法的に無効になる恐れがある他、作成の際の手続がとても煩雑であまり使われていないのが現状です。



それぞれの特徴のまとめ
以下の表に3つの遺言形式の特徴をまとめています。
直筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言
作成方法 遺言者が
・遺言の全文
・日付、氏名
必ず自署して押印する
証人二人の立会いのもと、公証役場で遺言者がしゃべった内容を公証人が文章にして作成する 遺言者が記述した内容を封筒に入れ、公証人と証人二人の前に提出し、自己の遺言であることを証明してもらう方法
印鑑 実印または認印 ・遺言者は実印
・証人は実印または認印
実印または認印
遺言書の保管 遺言者が保管 原本は公証役場で保管される

遺言者には正本と謄本が交付される
遺言者が保管
家庭裁判所の検認
必要
不要
必要
メリット 遺言書の内容・存在を秘密にでき、作成も簡単 変造、紛失の恐れがない

・無効になる恐れもなく最も安全
内容を秘密にできる
デメリット ・変造や紛失の恐れがある

・相続時に遺言書が見つからない恐れがある

・要件不備で無効になったり、内容があいまいで争いの種になる場合がある
・若干の手間と費用がかかる ・手続が煩雑

・変造や紛失の恐れがある

・相続時に遺言書が見つからない恐れがある

・要件不備で無効になったり、内容があいまいで争いの種になる場合がある

・若干の手間と費用がかかる

遺言の基礎知識 遺言書の書き方と文例 相続用語
 ■遺言って何?
 ■遺言書を作るメリット
 ■遺言書の種類
 ■誰が相続人になるの?
 ■こんな方には遺言書を
 ■相続・遺言の用語説明
 ■遺言書の書き方と文例
 ■遺言書の保管方法
 ■妻に全財産を譲りたい
 ■妻と子にそれぞれ譲りたい
 ■子の相続分に差をつけたい
 ■隠し子を認知したい
 ■非嫡出子にも嫡出子と同じ相続分にしたい
 ■子に会社を継がせたい
 ■息子の嫁にも譲りたい
 ■内縁の妻にも譲りたい
 ■お世話になった人にも財産を譲りたい
 ■財産を寄付したい
 ■条件付で財産を譲りたい
 ■サポート内容
 ■料金の目安
 ■よくある質問
 ■依頼申し込みフォーム
 ■厳選リンク
 

CopyRight(C)2005 行政書士市川事務所 All Right Reserved